無線LANの周波数を2.4GHzから5GHzにしたら速度が35Mbpsあがった!

eyecatch-2.4ghz-to-5ghz-wireless-lan

(@nekonotesou)です。

無線LANに使用する周波数帯を、2.4GHzから5.0GHzに変更したら、接続が安定して速度があがりました。

5Ghzにすると、ゲーム機(PS3・PS4・Wiiなど)や、iPhone4s以前のiPhone(iPhone4s含む)の無線LANが使用できなくなるので注意!

 

スポンサーリンク

ダウンロードスピードのテスト結果

2.4ghz-to-5ghz-wireless-lan-01

2.4GHz

5GHz

5GHz

なんと、35Mbps以上アップしました!

この結果は、私の試した場合です。利用している設備や、環境等の影響で、必ずしも速度がアップするとは限りません。

 

なぜ周波数を2.4GHzから5GHzに変更したら早くなったのか?

2.4GHzの周波数帯は、たくさんの機器で使われていて、混線しているからです。

現在、Wi-Fiが使用している周波数帯は、2.4GHzと5GHzの二つ。

2.4GHzで使用されている機器の例としては…

電子レンジ、Bluetooth接続のマウスやキーボード、ゲーム機等の機器。

ほとんどの人が電子レンジ使っていますよね?マウスやキーボードもBluetooth接続だと思います。これなら無線LANが不安定になるのも仕方ない。

 

5GHz帯のメリットとデメリット

これだけ読むと、「5GHzの方が良いじゃん!」となりますが、注意することもあります。

 

メリット

5GHz帯は、家電で使用されることがないので、他の無線機器の影響を受けにくく、通信が安定しています。

ただし、障害物等には弱いので、無線LANルーターの置き場所等を考慮する必要があります。

 

デメリット

ゲーム機やスマホ端末に対応していないものがある。

PS3・PS4・PS Vita・Nintendo Wii・Nintendo 3DSでの無線LANが使用できない。

iPhone3GS・iPhone4sでも使用不可。iPhone5〜は使用可。

ゲーム機を無線で接続している人は、ちょっと変更は難しそうです。

 

電波法で屋外の使用禁止。

現状は禁止。でも、これからは使用できるようなるかも。

 

さいごに

ゲーム機器を無線で接続していない人は、ぜひ設定の確認とお試しを!

5GHz対応のおすすめ無線LANルーター

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す