タイ

バンコクでAirbnb(エアビーアンドビー)を利用して1週間の民泊生活!

はじめてAirbnbを使い、バンコクのアパートに宿泊。ホテルに泊まるのとは違い、とても新鮮でした!

わずか1週間の滞在だったけど、タイで子どもと一緒に生活するような、貴重な体験をできて良かったです!

Airbnbとは?

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。

Airbnb Wikipadia

今回は、タイのホスト(貸主)が、アパートの1室を所有していて、そこにゲスト(借主)が泊まるという形です。

ホストは別の場所に住んでいて、Airbnbを通して世界中の旅行者に、部屋を貸し出しているという感じでしょう。

宿泊先を決めた条件は?

数ある宿泊先の中から、なぜ、この宿泊先を選んだのか?

その1番の理由は、ホストのアイコンが、子どもと一緒の写真だったからです。

もちろん、他の全てのホストの人たちも、パスポートや免許証で身元の確認が取れているので、それほど心配はありません。

ただ、今回は子ども連れの旅行だったので、より安心のできそうなホストを選びました。

ホストとの連絡

基本、ホストとの連絡は英語です。(ホストが日本語ができるなら別ですが。)

Airbnbのアプリでメッセージの交換をできるので、何か分からないことがあった時などは、自分で連絡をとる必要があります。

分からない場合は、Google翻訳でOK!何とかなります!

そういうのがダメだという人は、数は少ないと思いますが、日本語OKのホストを探しましょう。

鍵の受け渡し

部屋の鍵は、郵便受けで受け取りました。

ロビーがあり、常駐している人がいるので、てっきり、そこで受け取るものだと思っていました。

前日にメッセージがあり……

鍵はメールボックスに入れておきます。あと、もし何か聞かれたら友達という設定でよろしく。
えっ!そんなんでいいの?
CCTV(監視カメラ)があるから大丈夫!

いや、監視カメラがあるなら、こそこそ郵便受け付近ウロついて何かやってたら怪しくね?

あとで知ったのですが、タイではすでに、Airbnbのようなサービスを利用した宿泊は禁止するといった、アパートがあるようです。

まぁ、何も聞かれることはなかったけど……

場所

最寄駅は、MRTのパホンヨーティン駅。家までは、歩いて15分ほどの距離の場所です。

比較的時間に余裕があり、静かな場所がいいという人にはオススメです。

スワンナプーム国際空港、バンコク市街地からも遠いので、短い時間で、いろいろな場所を観光したい人には向いてません。

Airbnbは、宿泊者だけに住所を教える仕組みなので、宿泊先の詳細は伏せておきます。まぁ、ちょっと調べれば分かると思いますが……

部屋

部屋の中は、この記事の上にある写真、Airbnbのサイトで紹介されているのとほぼ同じです。

写真だけ良くて、実際に行ってみたら汚かったなんてことはありませんでした。

キッチン

普段生活するのに、必要なものが揃っています。スプーンとフォークは、冷蔵庫の中にありました。

子どもがいる人にはありがたい、メラニン性の割れないお皿もしっかりありました!

トイレと洗面台

トイレもキレイでした。ただ、中は水を流した時の流れに沿って、汚れが付着した感じになっていました。ちょっと残念。

シャワーのみ・バスタブはなし

シャワーがあるのみで、バスタブはありません。普段からシャワーだけなので、何も問題なし。

シャワーの水圧は弱かったです。ここだけが、個人的なマイナス点。

時間帯が悪いのかなぁと、他の時間帯にも試すも変わらず。ずっと弱い水圧のままでした。

23階だけど蚊はいた

ベランダからの眺め。

部屋が23階だったので、蚊は入って来ないだろうと思っていたら、3匹の蚊が入ってきました。

たぶん、夜に窓を開けたときに入ってきたのだと思います。窓を開けた後に、連続で発見したので。

気温が下がった、夜に活動するんでしょうか?その後、夜に窓を開けるのを禁止。蚊を見ることはありませんでした。

ネット環境(Wi-Fi)

Wi-Fiのルーターが設置してあり、パソコン、スマホ両方の接続ができました。ダウンロードで32.1Mbps!

Wi-Fiのおかげで、データ量を気にせず、Amazon Driveに写真をバックアップできました!

子どもが遊べる場所がある

同じ3歳の中国人の男の子と一緒に遊ぶ。

朝ごはん、夜ご飯を食べた後、毎日の様にキッズルームで遊んでいました。

子どもは不思議で、言葉は通じないけど、お互い笑いながら遊びます。ホントすごい。

プール

キッズルームの隣に、子供用のプールがあります。あまり日差しが当たらないため、水温は低め。

子どもはプールから出たら、ガタガタ震えていました。この他に、屋上にもプールがあります。

敷地内にある公園

地面が浜辺のようなサラサラの砂で、遊んだ後の靴の中は砂だらけ。

買い物マジ便利

歩いて2、3分の場所に、スーパーのTESCO Lotus(テスコロータス)があります。子どもがいると、毎日の買い物も大変なので、助かりました!

1階には、「8番ラーメン」「Fuji」があり、日本食には困りません。あとは、ケンタッキーも。

 

歩道橋で道路を渡った先には、もう一つ大きなスーパーの「トップスマーケット」があります。

テスコロータスより、こっちの方が、食材などは豊富です。パホンヨーティン駅からの帰りに道にあるので、こちらも便利!

1週間住んでみた感想

それほど観光はしないで、のんびり過ごしたい人には最適かと。バンコク中心地から離れてると言っても、たったの30分ほどです。

バンコク滞在中、他の3つのホテルにも泊まりましたが、「ずっとこの部屋でもよかった。」と思えるぐらいに快適でした!

Airbnb
Airbnb
Developer:
Price: Free

ABOUT ME
ねこのてそう
ねこのてそう
超記憶力の悪い、30代の引きこもり父さん。 死ぬまで楽しく生きるがモットー。 元2ちゃんねる管理人、現4chan管理人、ひろゆきが好き。 尊敬する人は、絵を描ける人とピアノを弾ける人。嫌いなものはタバコ。 日本嫌煙党 千葉(引きこもり代表)
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。