横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2016に出展してきた!

eyecatch-akarenga-cat-end

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2016が、無事終了!

土日祝日の来場者が予想以上にすごい!

こんなに来るの!すごいな!

 

出展者が邪魔なぐらい来場していただきました!

あと、会場前の特大パネルに、自分の写真を使ってもらえました。

akarenga-cat-end-01

ラッキー!

 

スポンサーリンク

初出展して良かったこと

このブログでも猫の写真を公開していて、問い合わせを頂いたり、写真掲載の話があったりして嬉しいのですが、それ以上に嬉しいことがありました!

それは、自分の写真に対しての声や反応を、直に聞ける、見られることです。

 

1.声を直接聞ける

「何これ?どうなってるの?〜じゃない?」

「おもしろ〜い!」

「かわいい!」

自分の撮影した写真を見て、いろいろなコメントを聞けます。面白いのは、「そんな風に見えるんだ!?」という意見が時々あること。本当に見る人によって様々です。

それと、写真についての説明を求められたり、こちらから説明したり。直接会話できるのは楽しいです!

 

2.笑顔になってくれる

こちらも思わずニヤニヤ。みんなの見ている後ろで、気持ち悪く笑っていました。

もちろん、ふふっと笑ってもらえるような写真を選んだわけですけど、やっぱり笑ってくれるとうれしい。

 

展示の様子

幅3.0mにA1サイズ4枚とA2サイズ4枚。机の上にフォトブックとポストカード。

こんな感じのレイアウトで展示しました。

 

akarenga-cat-end-03

たくさんの人に見てもらえました!写真撮影OKなので、写真を撮っていく人も!

 

人気のあった写真

1番人気のあった写真。

akarenga-cat-end-04

隠れてこっそりとパンを盗み食いしているネコ  マルマリス(トルコ)

「隠れて」「子供の目線に合う」という理由で、あえて左下に外して配置しました。狙いどおり、子供たちは足を止めて見てくれました。

ただ、予想外にも大人も好評で、何これ?どういう状況なの?と言いながら笑っていました。

 

  • キックボードで転んでパンをばらまいて…
  • うしろの人は吐いてるの?何してるの?

 

だいたいこんな感じですが、あーでもない、こーでもないと喋っていたのが面白かったです。実際どんな状況だったのかというと…

 

少年が、糸の先に針とパンを付けて魚を釣っている。その隙にネコがパンを盗み食い。

 

しているところです。まぁ、その前にネコが釣れたと。

 

akarenga-cat-end-05

うちの娘も、すかさず反応。

 

2番目に人気のあった写真がこちら。

akarenga-cat-end-06

サッカーの試合を観戦中のエジプト人。気になるのか?  カイロ(エジプト)

初めは、「ネコどこにいるの?」と分からず、探して見つけると、クスっと笑っていました。

ネコの表情が分からないのが少し残念ですが…

 

さいごに

最近はネコの写真をほとんど撮らなくなりましたが、他の人の作品を見て、また撮影したくなりました!

一つ考えているネコの作品があるので、それに向けて動きます。

 

スポンサーリンク
iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す