出産後に大量出血で病院へ緊急搬送!子宮弛緩出血の原因は不明!

eyecatch_birth

2014年4月。

産婦人科で、体重3,138グラムの女の子を出産。

しかし、その後が大変だった!

 

スポンサーリンク

子宮の収縮が上手く行かず出血が止まらない

ずいぶんと長い時間を待った。分娩室に呼ばれ、担当の先生から出産後の状況を聞いた。

通常なら、出産後には開いた子宮が収縮して元に戻る。今回は何が原因か分からないが、子宮がうまく戻らなく、出血が止まらない。だから、今は様子を見ているとのことだった。

しばらくすると、また出血が始まった。

 

出血多量で輸血の為に提携先病院へ緊急搬送

分娩室を出た途端にものすごく不安になってきた。そんなにひどい出血なのか?本当に大丈夫なのか?

そんな事を考えていると、先生から現在の状況と今後の予定を説明された。

 

  • 赤ちゃんは、全く問題ないこと
  • 止血剤、子宮収縮剤を使用しても出血が止まらないこと
  • このまま出血が続くと、命の危険があるので輸血が必要なこと
  • 輸血をする為に、提携先病院に移送すること

 

子宮弛緩出血の原因は不明

病院に到着し、入院の手続きを済ませる。待機室で待っていると、診察を担当した先生に呼ばれた。

「現在、輸血中で徐々に体調が良くなってきてます。命に別状はありません。」

この言葉を聞いてホッと安心した。

出血が止まらないのは、子宮弛緩の影響で、原因は正直言って分からないらしい。そういう体質だったのかもしれないし、出産が早すぎて、傷つけてしまったのかもしれない。

 

出血が止まらない場合は子宮摘出の可能性も

最悪、今の状態が続き、出血が止まらない場合は、子宮摘出の手術をする必要があるという説明を受けた。

幸いなことに、その後は出血が止まり、輸血のおかげで体調も良くなってきたので、子宮摘出の手術という事態は避けられた。

結局、病院には2日間入院。ようやく娘のいる産婦人科に戻った。

 

さいごに

あとで話を聞くと、通常の出産なら300ml〜500mlの出血だが、2,300mlも出血していたらしい。

とにかく、母子ともに無事で本当に良かった!

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す