Pc&Web

マウスのシングルクリックがダブルクリックになるときの対策方法

シングルクリックが、ダブルクリックとして認識されるようになり、無駄なタブを開く度に、イラっとしていませんか?

その現象、チャタリングの可能性があります!今回は、チャタリングが発生した時の対策方法を紹介します。

チャタリングとは?

チャタリング (英: chattering) とは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のことである。原義は、そのような振動により音を立てる(英: chatter) という意味から。特に、弱電を扱うスイッチやリレーが接続状態になる時に起こるその現象を指す。また離れる時もきれいに一回で離れるとは限らない。またそ れによって発生する不安定な信号や、それによって引き起こされる電子機器の現象(特に、誤動作)なども指すことがある。

知りませんでした!ずっと、マウスの調子が悪いなぁ、ぐらいにしか思ってなかった……

チャタリングの直し方

  • ケーブルと電池を抜いて、マウスを10秒ほど連打する。
  • チャタリングキャンセラを使う。

1.ケーブル・電池を抜きマウスを10秒ほど連打する

こうすることで、マウス内にある静電気を逃がします。大抵はこの方法で直ると思います。

特に、ワイヤレスマウスの内部は静電気が溜まりやすく、チャタリングを引き起こす原因になるようです。

2.チャタリングキャンセラを使う

マウスチャタリングキャンセラ

マウスボタンのチャタリングを抑止する

マウス連打で直らなくて、Windowsを使用している人は、マウスチャタリングキャンセラというソフトもあるので、使ってみるといいかも。

さいごに

今は、新しいマウスを買って使用しています。値段も安くて快適に動くので、チャタリングが直らない場合にはオススメです!

ABOUT ME
とき
とき
妻と姉妹(5歳と0歳)ネコと生活している30代のパパブロガー。生後3ヶ月で心臓病の手術。人はいつ死ぬか分からない。死ぬ前に「やりたいことをはやろう」と強く考える。海外で旅をしながら猫の写真を撮影。娘が3歳の時にタイへ2人旅。人生は死ぬまで楽しい思い出を作ること。考え方が変われば結果は変わる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。