日本

妊娠中はディズニーランド&シーでゲストアシスタンスカードを使えるぞ!

妊娠中の妊婦さん。もし、ディズニーランドやディズニーシーに行くなら、知っておくべき情報があります!

それは、ゲストアシスタンスカードの存在です!

この、ゲストアシスタンスカードを使うと、何ができるのかというと……

待ちの列に並ばないで他の場所で過ごせる!

アトラクションの待ち時間分を、列に並ばずに他の場所で待機して、時間がきたらアトラクションを楽しむことができます。

12:00に60分待ちの場合

60分待ち

時刻は12時。利用しようとしたアトラクションの待ち時間が、60分待ちだとしましょう。

まずは、カードをキャストに渡して、アトラクションの利用時間を決めます。だいたい、実際の予定待ち時間から、15分を引いた時間になります。

つまり、60分−15分=45分で、アトラクションを利用できる時間は、12時45分といった具合です。

あとは、時間になるまで他の場所で待機しましょう。

待ち時間の間に、他のアトラクションで遊ぶことはできません!あくまでも、妊婦さん等が、列に並ぶ負担をなくすのが目的です。

ゲストアシスタンスカードを使ってみた

ゲストアシスタンスカード

利用したのは、キャラクターと一緒に写真撮影できる「ウッドチャック」と「ミートミッキー」という施設。

時間になってキャストにカードを見せると、入口からではなく、写真撮影を終えた人とすれ違う形で、出口から施設内に案内されました。

ゲストアシスタンスカードの詳細

ゲストアシスタンスカードは、疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。

カードには利用される方のお名前とグループ人数、その方に合わせたお手伝いの内容(ベビーカーのままご案内/ご希望の席にご案内/待ち時間経過後にご案内)が記載されます。

公式:ゲストアシスタンスカード

ゲストアシスタンスカード1枚につき、同伴者3名までの利用が可能です。

利用できるアトラクション&グリーティング施設

  • すべてのアトラクション
  • 「ウッドチャック・グリーティングトレイル」
  • 「ミッキーの家とミート・ミッキー」
  • 「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」
  • 「“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」
  • 「アリエルのグリーティンググロット」

東京ディズニーランドと、東京ディズニーシーの、すべてのアトラクションと、上の施設での利用が可能。

妊娠中の人が乗れないアトラクション

東京ディズニーランド

  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • ガジェットのゴーコースター
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • スペース・マウンテン
東京ディズニーシー

  • タワー・オブ・テラー
  • ニモ&フレンズ・シーライダー
  • インディ・ジョーンズ(R)・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • フランダーのフライングフィッシュコースター
  • センター・オブ・ジ・アース

どうやって発行してもらうの?

各アトラクション、メインストリート・ハウス、ゲストリレーション、ベビーカー&車イス・レンタルのキャストにお申し出の上、ご本人と同伴の方全員のパークチケットをご提示ください。
※ご本人と同伴の方全員のパークチケットにスタンプを押印します。カードには、グループの人数を記入し、スタンプを押印します。

チケット購入して入場したら、すぐ左手にあるメインストリートハウスで発行してもらえます。

母子手帳の提示などは求められませんでした。このあたりどうなんでしょう?悪用とかないのかな?

ABOUT ME
ねこもり
ねこもり
死ぬまで楽しく生きるがモットー。 元2ちゃんねる管理人で、現4chan管理人の、ひろゆきが好き。 尊敬する人は、絵を描ける人とピアノを弾ける人。嫌いなものはタバコ。 日本嫌煙党 千葉(引きこもり代表)

POSTED COMMENT

  1. 匿名希望 より:

    ゲストアシスタンスカード、私も理由があって、毎回のように利用させて頂いていますが、過去には心無い健常者の方達が、アトラクションに並ばずして乗りたいのを理由に、「対象者(妊婦・障害者・病人・けが人)と偽る」等の、悪用が不正利用が多発していたがために、一時期は完全に廃止となった時期もあったんですよ。とても悲しいですよね。本来ならこのカードは、サポートを中心とするためのカードなのに。それを防ぐためにも、ディズニー側も発行には、「障害者手帳や診断書などの、それが証明できるものの提示が必要」っていう風に、システムを変えて欲しいですよね。西のUSJの障碍者向けのチケットみたいに。(こちらはさらにゲストサポートパスという、ディズニーでいうアシスタンスカードのような制度があります。)そしてそのカードを使う側も、一般の方達は、きちんと所定の列に立って並んでいるわけだから、使わせて貰って当たり前という態度を取るのではなく、秀至に感謝の気持ちを持ちたいものですね。そしてそのカードを、正しく使いたいものです。

    • 思った通り、不正利用あったんですね。しかも、一時期は完全廃止まで!

      ホント診断書の提示などは、必須でいいと自分も思いました!母子手帳は持ってましたが、何も聞かれないので、これでいいの?という感じでしたし。

      当事者になってよく分かりましたが、とても助かる制度です。サポートが必要な人が正しく使えるようにしてほしいですね。

      • 匿名希望 より:

        こちらこそコメント有難うございます。TDRのゲストアシスタンスカード、来年の1月(2019)からは、発行の対象者と利用方法、発行場所が大幅に変わります。おそらくそれも、悪用や不正利用が増えたためでしょうね。主に障害者手帳の有無によって、キャストさんの対応方法が変わるようです。残念な話ですよね。私も悪用をした人を恨みます。

ねこのてそう にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。