子ども

うちの夫婦の子どもの教育方針の考え方は3つ

どのように子どもを育てるのか?それぞれの家庭で、様々な教育方針があり、何が正解とかはないでしょう。だからこそ、悩んでしまいます。

ただ、悩んでいても仕方がない。子どもは、どんどん成長していきます。ネットや本で調べて、考えて話し合った結果、以下のような方針に決まりました。

ウチの教育方針

  1. 非認知能力(性格スキル)を優先して鍛える。
  2. 選択肢を与えて選ばせ、それを支援する。
  3. 何事にも興味と好奇心を持てるようにする。

1.非認知能力(性格スキル)を優先する

1つ目の教育方針は、非認知能力(性格スキル)を、鍛えて高めること。

まずは、認知能力と非認知能力について、簡単に説明します。

認知能力 文字を読める、書けるなど、知識や学力のこと。
非認知能力(性格スキル) 数値化できない、生きていくために必要な能力のこと。

幼児期に認知能力を高くする必要はない

認知能力を幼児期に高めても、小学校に入学したあたりから、幼児期に低かった子と、同じレベルになる結果が出ています。

つまり、幼児期に認知能力(読み書き)ができるようになっても、あまり意味がないということ。

次期学習指導要領でも重要視されている

非認知能力の教育は、幼稚園で2018年度から。小学校では2020年度から、重視されていきます。

非認知能力(性格スキル)は大きく分けて5つ

よく言われているのが、ビッグ・ファイブと呼ばれる、5つの性格。

  1. 勤勉性、まじめさ、責任感の強さ
  2. 開放性、好奇心が強い、想像力、新しいものへの親和性
  3. 外向性、社交性や活動性、積極性、コミュニケーション能力
  4. 協調性、利他性や共感性など、仲間と協力して取り組む力
  5. 精神的安定性、不安や緊張の強さ、自分に対する自信

非認知能力(性格スキル)を伸ばす基本のしつけ

  1. ウソをつかない
  2. 他人に親切にする
  3. ルールを守る
  4. 勉強をする

この4つのしつけを受けた人は、受けていない人に比べて、平均年収が86万円も高いという結果が!

非認知能力は子ども主体の遊びで育つ

幼児期に認知的能力ばかりを高めても人生の成功や安定には影響しないということがわかってきた。
上手くいかなかったときに、粘り強く頑張る力・姿勢や、自分の感情をコントロールする力が社会で成功することに繋がる

(させられるではなく)子供が自発的に何かを行う 子供主体の遊びで育つ。遊びこむ中でやる気・意欲・探求する力が育つ

自分のやりたいことを尊重された子どもは、他人のやりたいことも尊重できるようになるそうです。

2.選択肢を与えて選ばせ支援する

2つ目の教育方針は、可能な限りの選択肢や情報を与え、好きなことを選んでもらい、それを支援、応援すること。

子どもの好きなこと、興味を持ったこと、没頭したことを尊重して、さらに好きになるように後押しします。

好きなことや、興味を持つものは、何でもいいです。1日中やっていても苦にならない、そんなことを見つけてもらいたい。

それに加えて、英語とプログミング的思考をできるようになって欲しいので、そういった環境は用意するつもり。

日本以外の世界にも目を向ける

個人的に考えているのは、人生の選択肢として、生活・仕事をする場所の選択があります。

これからは、日本だけでなく、世界中の国を選択肢の1つとして捉えてほしい。

別に、日本を出て海外へ行けと言っているわけではありません。日本人として生まれたのだから、日本で生活して当たり前。

だけど、あまり日本の将来は良くなさそうだから、海外に目を向けて欲しいとは、正直に思っています。

ひろゆき「働き方完全無双」
ひろゆきの「働き方完全無双」を読んで沈みゆく日本を賢く生き残れ! 自分の人生、自分で守れよな。 先進国で生まれた、あなた。残念でしたね。 なぜ、残念かって? だって、これから先、経済的に苦しく...

異文化の「違い」を認められる・楽しめる人間に

日本を1歩出れば、文化・価値観の違う、たくさんの国があり、様々な人が生活しているということを、身を持って知ってもらいたい。

もしかしたら、日本以外の他の国が、すごく自分に合う環境で、生き生きと生活できるかもしれない。だから、その可能性を広げたいし、潰したくないです。

3.何事にも興味と好奇心を持てるようにする

3つ目は、「選択肢を与えて選ばせ支援する」に通じるもので、いろいろな事や物に、興味と好奇心を持ってもらうです。

いくら親が選択肢を与えても、本人が物事に対して、何も関心がなかったり、興味を示さなかったら、元も子もありません。

ただ、幼稚園、小学校の段階で、「何にも興味ない」なんていう子どもはいません。むしろ、何でも興味がありすぎて困るぐらいでしょう。

なので、子どものやることに、親の意見や価値観を押し付けないで、できる限り本人のやりたいようにやらせます。

小学校に入る前の幼児教育が最も収益率が高い

子どもが小学校に入る前の幼児教育が、投資対効果で、最も収益率が高いそうです!

幼稚園に入る前に、海外旅行に行ったのも、子どもに対する投資のうちの一つ。ホント効果あるのか分からないけどね。

3歳の子どもと一緒にタイ・バンコクへ海外旅行!15日間の宿泊先は?今回の旅行は、子どもと一緒に宿泊するので、4つの条件を軸にして選びました! 最初は、1ヶ月単位で簡単に部屋を借りられる、サービスアパー...
子どもは全く興味なし!黄金の寝釈迦仏で有名なワットポーに行ってきた!タイの観光名所である、ワットポーとワットアルンに行ってきました! 当然、子どもは興味ないだろうと予想はしてましたよ。でも、本当に予想を...

低年収の家庭の子どもは、やはり低年収なのか?答えは20年後!

ABOUT ME
ねこのてそう
ねこのてそう
超記憶力の悪い、30代の引きこもり父さん。 死ぬまで楽しく生きるがモットー。 元2ちゃんねる管理人、現4chan管理人、ひろゆきが好き。 尊敬する人は、絵を描ける人とピアノを弾ける人。嫌いなものはタバコ。 日本嫌煙党 千葉(引きこもり代表)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。