Googleが初の日本語ウェブフォントを試験提供中!

eyecatch_google-noto-fonts

Googleが、日本語としては初となるウェブフォント(Google Noto Sans Japanese)を試験提供しているので使ってみます。 Google Noto Fontsとは?

世界中の言語をサポートすることを目標に、Apache License 2.0で配布されている。コンピューターで表示できない文字がある場合、文字の代わりに小さい四角(□)が表示されることが多いが、Googleではそれを”豆腐”と呼んでおり、Webから取り除くためにNoto(No Tofu)フォントを作った。

スポンサーリンク

Google Fonts : Early Accessを利用する

Google Fonts Early Access! style.cssに以下のコードを追加します。

@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);

 

body {
    font-family: 'Noto Sans Japanese', serif;
}

とりあえずは、これだけで使えるようになります。 ただ、英語フォント等とは違い、日本語は文字数が多く重い。

少しでも軽くして使うには、ダウンロードして、サーバーにフォントをアップロードする必要があります。 軽量化して使用したい方は、以下の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す