買ったもの

ひろゆきの「働き方完全無双」を読んで沈みゆく日本を賢く生き残れ!

ひろゆき「働き方完全無双」

自分の人生、自分で守れよな。

先進国で生まれた、あなた。残念でしたね。

なぜ、残念かって?

だって、これから先、経済的に苦しくなっていくことが”明らか”だからです。

初めのページから、かなり暗い気持ちにさせられます。

この本では、ひろゆきが以下の視点から、沈みゆく日本で、あなただけが「無双」状態で働くには、どうすればいいのか。

日本で働いていく上で、どんな状態があなたを相対的に有利にさせるのか。その方法を、明らかにしています。

働き方完全無双のもくじ

まずは「個人」と「社会」をわけるとこから

能力なんてものは存在しないー個人の「攻め方」無双

あなたが社会に殺されないためにー個人の「守り方」無双

会社がずっと生き残るわけないじゃんー経営者視点の「企業の論理」無双

日本はこうやって生き延びろ

ひろゆきの考える先進国「日本」のヤバさ

先進国の不況の原因

  • インターネットで情報流通のコストが無料になった
  • コンテナの発明で輸送費用がぐんと安くなった
  • ゲーム理論的に正直に商売した方がトクになった

Tシャツを5,000枚作る場合。

ネットで「1番安く作ってくれる企業」を探して、メールで注文し、クレジットカード決済をする。依頼された企業は、世界で1番人件費の安い国に作らせ、コンテナを使って低コストで指定の場所に届ける。安くて適当なモノづくりをしてしまうと、次の仕事がなくなってしまうので、ちゃんとした品質で作る。

ドローンの部品を中国のサイトで買うことがあるけど、海外から発送されて、送料500円だからね!まぁ、届くのに2週間ぐらいかかるけど。

こうなると、中国やバングラデッシュといった人件費の安い国に製造業が持っていかれ、人件費の高い日本は勝つことができません。

製造業が不況になると、景気が悪くなり、さらに安いものが売れるようになる。

すると、ますます、海外の安い商品が作られるという、負のスパイラルに。

さらに、先進国の中でも異常な、少子高齢化で人口減少で市場が縮小。2020年には、全女性の半分が50歳以上!ますます子どもを産める人が少なくなって、人口減少に拍車がかかる!

ちなみに、ひろゆきの言ってるコンテナの発明に関しての本がこちら。

どの業界でも先進国は二極化が進む

もちろん、国内でも付加価値を付けて、競争に勝つことはできます。

でも、「競争に勝ってお金を稼げる人」と「競争に負けてお金を稼げない人」の二極化は避けられない事実。

あらゆる業界で、競争を勝ち抜いた一部の人間だけが、一人勝ちの状態になります。

お金がなくても工夫して幸せを目指す

でも、安心してください。そこから抜け出せる、”別の生き方“が存在すると、ひろゆきは言います。

競争に敗れてお金を稼げないなら、お金がなくても大丈夫な状態にすればいいのです。

そのためには、常識的な考え方を転換させて、経済と個人の幸せを切り離すことが大事だと。

経済的に苦しい日本で個人的に楽しくなるにどうすればいいのか?ひろゆきが放送していた、「個人的に楽しくなるにはどうすればいいか会議。#1」を視聴したので、ちょっと整理します。 ひろゆきは動画内でも...

この方法は、「無敵の思考」で、21個のルールにまとめられています。

個人的には、こっちの方が好き!

著述家」が最強説

ブログやサイトを作っている自分にも、かなり関係のあること。会社を1個持っておくことを強くすすめています。

会社を持っておくと、なんでも経費にすることができます。外食した時も、打ち合わせということにできますし、車だって移動手段として経費にして買うことができます。

海外に旅行したことも、イベントで話したり、ブログや書籍に書いたりするので、旅行代も経費になります。

本業作家でなくても、ブログを書いて広告を貼っておいて、月に数百円が入ってくるだけで著述業は成立します。YouTuberでも、動画をあげて10円でも収入があれば、職業としては映像作家になります。

これぐらいの軽い感覚で、会社を持ってもいいそうです。

あっ、どうも、著述家です。

子どもを持つ親に読んでほしい

これから、衰退していくだろう日本の、20年後、30年後を生きる主役は、今の子どもたち。

だから、特に子どもを持つ親には、将来を知る為の心構えとして、ぜひ読んでおいた方がいいでしょう。

子どもの教育について考えるときにも、参考になる!

個人としてワンチャンを狙いながら幸せを目指す

競争に負けて、お金がないけど大丈夫、十分に幸せだ。という人に、新たな人生の抜け道を教えてくれます。

それが、本書でひろゆきが提唱する、個人として、ワンチャンを狙いながら幸せを目指すという生き方。

働き方にフォーカスして、一発逆転を狙えるようにする生き方を、説明しています。

気になる方は、どうぞ参考にしてください!

ABOUT ME
ねこのてそう
ねこのてそう
超記憶力の悪い、30代の引きこもり父さん。 死ぬまで楽しく生きるがモットー。 元2ちゃんねる管理人、現4chan管理人、ひろゆきが好き。 尊敬する人は、絵を描ける人とピアノを弾ける人。嫌いなものはタバコ。 日本嫌煙党 千葉(引きこもり代表)
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。