Mac

OS X EL Capitanの起動用USBディスクをDiskMaker X 5で作成する方法

今だに、iMac24インチ Early 2008を使用していますが、いつ調子が悪くなってもおかしくない。

なので、万が一の時のために、起動用インストールディスクを作成したので、その方法を消化します。

用意するものは3つ

  1. 8GB以上のUSBメモリ
  2. OS X EL Capitanインストールファイル
  3. DiskMaker X 5.0.3

8GB以上のUSBメモリ

インストールディスクの容量は、6.29GBなので、8GB以上のUSBメモリを選びましょう。

OS X EL Capitanインストールファイル

App Storeの購入済みタブから、再ダウンロードします。

DiskMaker X

DiskMaker X 5.0.3をダウンロード&インストールします。

起動用ディスク作成ソフト

DiskMaker X

DiskMaker Xを使って起動ディスクを作成する

作業の流れ
  • USBメモリをフォーマットする
  • ファイルを読み込み起動ディスクを作成する

USBメモリをフォーマットする

①USBメモリを選択。

②消去を選択。

③フォーマットと方式の選択。

名前 特に変更する必要なし
フォーマット OS X 拡張(ジャーナリング)
方式 GUID パーティションマップ

名前は、起動ディスク作成時に変更されてしまうので、変更しても意味ないです。

設定が完了したら、消去をクリック。

ファイルを読み込み起動ディスクを作成する

El Capitan(10.11)をクリック。

 

このファイルを使用をクリック。

 

容量8GB以上のUSBディスクをクリック。

 

先ほどダウンロードしたファイルが表示されます。

このディスクを選択をクリック。

 

内容を消去してディスクを作成をクリック。

 

終了をクリック。

これで、起動ディスクの作成が完了です!

さいごに

もし、途中でエラーが出る場合は、ASObjC Runnerをダウンロードして解凍。アプリケーションフォルダにいれてください。

ABOUT ME
とき
とき
妻と姉妹(5歳と0歳)ネコと生活している30代のパパブロガー。生後3ヶ月で心臓病の手術。人はいつ死ぬか分からない。死ぬ前に「やりたいことをはやろう」と強く考える。海外で旅をしながら猫の写真を撮影。娘が3歳の時にタイへ2人旅。人生は死ぬまで楽しい思い出を作ること。考え方が変われば結果は変わる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。