KingRootのAPKでアンドロイドのスマホをroot化する方法

root化は自己責任でお願いします。

KingRootは、端末のあらゆる個人情報にアクセスする可能性があります。メインで使用している端末で使用するのはオススメしません。なにも情報の入っていない端末を利用するようにしましょう。

root化したあとは、KinguserをSuperSUに入れ替えるのを忘れずに!

わたしは、楽天モバイルで購入したZTE BLADE E01をroot化するのに使いました。

 

スポンサーリンク

アンドロイド端末だけでroot化するための準備

  1. ファイルマネージャー(ESファイルエクスプローラー)をインストール。
  2. セキュリティ設定の変更。

 

ESファイルエクスプローラーのインストール

APKファイルをインストールするために使用。

最初からあったファイルマネージャーでは、インストールできなかったので、ESファイルエクスプローラーをインストールしました。

個人情報

気になる方は、Googleアカウントをログアウトしておきましょう。

 

セキュリティの設定を変更

設定アプリを開く。

セキュリティをタップ。

提供元不明のアプリを許可します。

 

APKファイルのダウンロード

以下のサイトの下の方にある、root.zipファイルをダウンロード。

 

zipファイルを解凍してAPKファイルをインストール

KingRoot-4.0.0.233-release-201505071219_105001.apk

というファイルがでてくるので、インストールをします。

 

KingRootの実行

画像:https://kingroot.net

Try itをタップしてルート化を開始します。

 

 ルート化できたか確認する

root化できた!

画面にRootedと表示されれば、root化完了です!

Root Checker
Root Checker
Price: Free
注意!

この状態では、root権限がkingusesrのままです。セキュリティのことを考えるなら、KinguserからSuperSUに変更するのを忘れずに!

KingRootで取得したrootをSuperSUに移行してKingRootを削除する方法

2017.07.19

KingRootでroot化する前に知っておくべきこと

2017.07.17

たったこれだけ!?Minimal ADB and FastbootでADB環境を作る方法

2017.07.17
スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す