メニュー
カテゴリー
プロフィール背景画像
とき
家とネットを愛する、引きこもりパパ。用事がなければ、家を出ない。死ぬまで楽しく生きることを考えて生活してます!

無料でWordPressのスパムコメント対策するなら「Invisible reCaptcha」

WordPressでプログやサイトを作って、何も対策をしないと英語のスパムコメントが大量にきます。

コメントを承認制にしてれば、承認しない限り表示されないから問題ないと言えばないですが、あまり気分は良くないですよね。

スパムコメント対策のプラグインでは、他に有名な「Akismet」がありますが、広告を利用しているサイトでは有料になってしまいます。

この記事では無料で使用できる、Googleの「Invisible reCaptcha for WordPress」というプラグインを使って、スパム対策をする方法を紹介します。

もくじ

Invisible reCaptcha for WordPressの導入手順

STEP
Google reCAPTCHAのサイトにログイン

Googleアカウントが必要です。

サイトを登録します。

STEP
サイトキーとシークレットキーを取得

STEP
プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」のインストール
STEP
Invisible reCaptchaのスパムコメント対策を設定

Google reCAPTCHAのサイトにログイン

まずは、サイトキーとシークレットキーを取得するため、サイトにログイン。

Google reCAPTCHA

Admin Consoleをクリック。

ラベルサイトの名前など入力
reCAPTCHAタイプreCAPTCHA v3を選択
ドメイン使用するドメイン名を入力

reCAPTCHA 利用条件に同意する」にチェック。

設定エラーや不審なトラフィックの増加など、サイトで問題が検出された場合にアラートを受け取りたい場合は、「アラートをオーナーに送信する」にチェック。

内容を確認して、よければ「送信」をクリック。

サイトキーとシークレットキーを取得

サイトキーとシークレットキーは、あとでWordPressでプラグインをインストールした後に必要になるので、コピーしておいてください。

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」のインストール

WordPressの管理画面の「プラグイン」→「Invisible reCaptcha」→「今すぐインストール

インストールが完了したら、有効化します。

設定」→「Invisible reCaptcha」→「Settings

先ほどコピーしたサイトキーとシークレットキーを、以下の欄に貼り付けます。

  • Your Site Key(サイトキー)
  • Your Secret Key(シークレットキー)

他の設定項目は、以下のとおりです。

Your Site Keyサイトキー
Your Secret Keyシークレットキー
Language表示言語
Badge Positionバッヂの表示位置
Badge Custom CSS表示位置をCSSでカスタマイズ

このブログのコメント欄では、Badge Positionを「Inline」に設定しています。

今回はスパムコメント対策なので「Enable Comments Form Protection」にチェック。

変更を保存をクリック。

他の設定項目は、以下のとおりです。

Enable Login Form Protectionログインフォームで有効化
Enable Registration Form Protection新規登録フォームで有効化
Enable Comments Form Protectionコメントフォームで有効化
Enable Forgot Password Form Protectionパスワード再発行フォームで有効化

すべての設定が終了したら、しっかりと設定されているか確認しましょう。

以下のようなバッヂが表示されていたら、設定は完了です。

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定完了

reCAPTCHAはスパムの可能性が高い人にのみ,画像認証を行います。なので通常は、画像認証なしでコメントできます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる