映画「君の名は」を観たけど1度では理解できないので整理してみる

kiminonaha-your-name

映画「君の名は。」を、イクスピアリの映画館に一人で行って観てきたぞ!

感想は、おもしろかった!ただ、完全に話の内容は理解できなかった。もう一度観に行ったら、話を理解できておもしろい!はず…

「君の名は。」は映像が美しいと評判で、本当に綺麗だった!圧倒されましたわ。この映像美だけでも観に行く価値あるんじゃないか?

すげーっ!めっちゃキレイ!

 

スポンサーリンク

ストーリー

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。
繰り返される不思議な夢。
そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、
時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。

しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、
三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

君の名は。公式サイトより

ほう。

 

キーワードは「結び」

寄り集まって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。

それが組紐。それが時間。それが結び。

糸を繋げることも結び。

人を繋げることも結び。

時間が流れることも結び。

三葉のおばあちゃんのセリフ。まさに、瀧と三葉の関係そのもの。

 

重要なポイントは入れ替わりの時間軸のズレ

三葉は、3年前に彗星が町に落下して亡くなっていた。

つまり、三葉の方が年上。瀧は3年前の三葉に、三葉は3年後の瀧に入れ替わっていた。

「あっ!そういうことか!」と思っても、すぐに理解をできない自分は、映画を観ている最中には整理できませんでした。この事を頭にいれて、ストーリーを時系列で追ってみると…

 

お互い入れ替わりの生活を楽しむ

初めは戸惑いながらも、本当に入れ替わっているのに気付き、それぞれの生活を楽しむ。特に三葉は、憧れの都会生活。念願のカフェを思う存分満喫する。

 

三葉が瀧を探しに東京へ(彗星落下の前日)

三葉は、瀧を探しに東京へやってきて、電車の中で瀧を見つける。しかし、そこにいるのは3年前の瀧。三葉を知るはずもない。だから、「おまえ、誰?」と言われてしまう。

でも、なんとか組紐を渡すことには成功する。

 

彗星落下当日

三葉は瀧のスマホにメッセージを残す。

三葉「デートが終わる頃には、ちょうど空に彗星が見えるね。」

瀧「何言ってんだ。こいつ…」

それもそのはず。3年のズレがあるから。

 

入れ替わりがなくなる

彗星が糸守町に落下し、三葉が死んでしまったので、入れ替わりが起きなくなる。

 

kiminonaha-your-name-01

瀧が三葉を探しに糸守町へ

糸守町で衝撃の事実が発覚。

糸守町は、3年前の彗星の落下で町は消滅。犠牲者名簿に、三葉の名前を見つける。

 

口噛み酒を飲み3年前の三葉と入れ替わり町を救う

御神体に奉納してある三葉の半身の口噛み酒を飲み、彗星が落ちる前の時間軸で、三葉と入れ替わる。

その後、町の住民を隕石から守るための作戦を決行。無事に救うことに成功する。

 

君の名前は?

最後は、お互い電車に乗っていてすれ違いざまに気づく。何とか探し出して出会う。

瀧&三葉「君の名前は?」

まぁ、大雑把にこんな感じでしょ。

 

スマホ(iPhone)の描画がリアル

三葉(iPhone5) 瀧(iPhone6)

体の入れ替わり。時間軸のズレ。田舎と都会。

これらの距離感と生活を、上手くスマホがつないでいるなぁと感じた。作中に度々登場するスマホ。お互いスマホのアプリを使用して学校へ行ったり、バイト先から帰ったり、日記をつけている。

これが10代、20代の人を引き付ける、大きな要因になったんだろうと思った。

 

さいごに

もう1回観に行くか!

 

スポンサーリンク
iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す