iPhoneのスクリーンショットのステータスバーを削除する「Status Barred」が超便利!

iPhoneやiPadなどで撮ったスクリーンショットのステータスバーを、簡単に削除できるMacアプリ「Statas Barred」が超便利です!

Status Barred
Status Barred
Developer: デベロッパ:Craig Walton
Price: Free

 

スポンサーリンク

設定項目を選んでドラッグ&ドロップするだけ

初期起動画面

Overwrite上書き保存
Choose Save Location別名で保存

ファイルの保存方法を選択。

 

Crop Status Bar Areaステータスバーを切り取る
Obscure Status Bar Areaステータスバーをぼかす

ステータスバーを切り取るか、ぼかすかを選択。

 

選択したら、あとはウィンドウにファイルをドラッグ&ドロップするだけ。数秒で処理が完了します。

 

ステータスバーを切り取る

iPhone SEの場合
変更前のサイズ(640×1136)変更後のサイズ(640×1096)

切り取る設定の場合、サイズが変わります。

 

ステータスバーをぼかす

時刻やバッテリーの表示が、見えなくなりました。

 

さいごに

Status Barredを使えば、余計な情報を削除して、スクリーンショットをキレイに仕上げることができます。

ステータスバーなんて気にならねーよ!っていう人にはどうでもいいアプリですけど…

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す