MacBookのバッテリーの寿命を長持ちさせる2つの方法

eyecatch_macbook-battery

Mac Bookの電源アダプタを、繋げっぱなしで使用している人いませんか?その使用方法だと、過充電でバッテリーが通常より早く劣化してしまいます。

  • MacBookの電源アダプタを繋げっぱなしで、デスクトップの様に使いたい!
  • バッテリーの寿命を少しでものばしたい!

という方、ぜひ以下の方法を試してください。

 

スポンサーリンク

MacBookの充電と給電とは

充電:バッテリーの充電率を100%まで持っていく作業

給電:バッテリーの充電率を固定したままMacを使用する

 

①MacBookを充電しないで給電のみで使用する

macbook-battery_01

MagSafeコネクタのピン配列

1. GND 2. 16.5 V DC 3. Charge control pin 4. 16.5 V DC 5. GND wikipedia-MagSafe

真ん中の「3」が、Charge control pin(充電コントロール)なので、ここを通電させないようにする。

そうすることで、デスクトップPCのように使用できます。

 

①MagSafe電源アダプタの中央ピンをテープでふさぐ

macbook-battery_02

絶縁テープ(ホームセンターで39円)

 

macbook-battery_03

通常は充電中だと、コネクタ部分がオレンジ色に光りますが、中央ピンを塞いでいるので消えたまま。バッテリー充電はされていません。

コンセントの電源アダプタからの給電で使用しています。

 

テープで中央ピンを絶縁した状態のステータスバー

macbook-battery_04

充電はされずに給電のみの状態。

 

1時間後

macbook-battery_05

44パーセントのまま。 充電しないで使用中。

 

②バッテリー残量を40%から80%の範囲で使う

100パーセント充電にして使うのと比べて、4倍近くバッテリーが長持ちすることもあるみたいです。

 

さいごに

家で使用するのが主な人は、毎回バッテリーを使っていたらもったいないですからね。 OSで自動制御出来るようになってくれたらいいのに…

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す