ミニドローンを初めて外で飛ばして分かったことや感じたこと

200グラム未満のドローンは、航空法規制対象外なので、どこでも飛ばすことが可能です。

先日、始めて購入したドローンを公園で飛ばしてみたので、その時に感じたこと、分かったことをまとめてみます。

 

スポンサーリンク

思った以上に風の影響をうける

飛ばした日は、「今日は風があるなぁ」などと、思わないぐらいの微風でした。

もちろんネットで調べて情報としては知っていたけど、想像以上に簡単に機体が風に煽られ、思ったように操作できませんでした。

 

風で煽られるとドローンの向きが変わってしまう

風に煽られて何が困るのかというと、ドローンがどっちを向いて飛んでいるのか分からなくなることです。

まだ、完全にドローンの操作に慣れていないので、少しでも機体の方向が変わると、パニックになります!急に自分の思っているのとは違う方向に飛んで行ってしまいますから。

あれ、どっち向いてるんだコレ!

 

それで1度、木の枝に引っ掛けてしまいました。幸いにも、上昇させたらすぐに木の枝から外れて回収出来ました。

プロペラが1枚とれるだけで、ドローンは飛ばなくなってしまうのを考えると、本当にラッキーでした。(ちなみに、プロペラは物に引っかかると、すぐに外れてしまいます。)

 

遠くに飛ばすとドローンが見えにくくなる

これも風で煽られて向きが分からなくなると一緒で、遠くにドローンが飛んでいくと、どんどん見えずらくなってきます。(めちゃくちゃ視力が良いとか、FPVがあるから大丈夫とかなら別ですが…)

 

風に煽られる+遠くに飛ばす=操縦不能

2つの合わせ技で来られると、初心者の自分に操縦は無理でした。

こういう時は、木の枝などに引っ掛かったりする前に、諦めて着地させました。(落下と言った方が正確ですが…)

 

ミニドローンとはいえ危険!

家で飛ばしている分には、せいぜい2、3メートル上昇するだけで、落下してもそれほど危ないとは思いませんが、外の場合は違います。

ミニドローンでも、20m〜50mの上空に、あっという間に上昇します。それが落ちてきたら非常に危険です。しかもプロペラも回転しているので、さらに危ないです。「周りに注意して飛ばさないといけない」と、非常に強く思いました。

 

さいごに

ドローンは、空飛ぶスマホと呼ばれいます。

10年後、20年後にドローンが空を飛んでいるのが、当たり前の世の中になっているのか?非常に楽しみです!

スポンサーリンク
iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す