ドローン

ミニドローンを初めて外で飛ばして分かったこと感じたこと

200グラム未満のドローンは、航空法規制対象外なので、法律上は、申請や許可などがなくても、どこでも飛ばすことが可能です。

先日、はじめて購入したドローンを外で飛ばしたので、その時に感じたこと、分かったことを書きます。

思った以上に風の影響をうける

ドローンを飛ばしたのは、「今日は風があるな。」など思わないぐらいの微風の日。

想像以上に、簡単に機体が風に煽られ、思ったように操作できませんでした。

風で煽られるとドローンの向きが変わってしまう

風に煽られて困るのが、ドローンが、どっちを向いて飛んでいるのか、分からなくなること。

ドローンの操作に慣れていないうちは、少しでも機体の方向が変わると、パニックになります!

急に自分の思っているのとは、違う方向に飛んで行ってしまいますから。

あれ、どっち向いてるんだコレ!

それで、木の枝に引っかかってしまいました。運がいいことに、機体を上昇させたら、すぐに外れて回収できたので良かったですけど。

遠くに飛ばすとドローンが見えにくくなる

遠くにドローンが飛んでいくと、どんどん見えづらくなってきます。

なので、風に煽られるのと同様に、機体がどちらを向いているのか分からなくなってしまいます。

風に煽られる+遠くに飛ばす=操縦不能

ちょっと遠くに飛ばして、かつ機体が風に煽られると、もう操縦不能です!コントロールできません!

ミニドローンとはいえ危険!

家の中で飛ばしている分には、せいぜい2、3メートル上昇するだけで、落下しても、それほど危ないとは思いませんが、外の場合は違います。

ミニドローンでも、20m〜50mの上空へ、あっという間に上昇します。それが落ちてきたら非常に危険です!

ABOUT ME
とき
とき
妻と姉妹(5歳と0歳)ネコと生活している30代のパパブロガー。生後3ヶ月で心臓病の手術。人はいつ死ぬか分からない。死ぬ前に「やりたいことをはやろう」と強く考える。海外で旅をしながら猫の写真を撮影。娘が3歳の時にタイへ2人旅。人生は死ぬまで楽しい思い出を作ること。考え方が変われば結果は変わる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。