箱根湯本温泉のホテル「天成園」は朝も夜もバイキングで安いからおすすめ!

天成園ホテルの外観

新宿駅から、小田急ロマンスカーで、約1時間30分。箱根湯本のホテル「天成園」に泊まってきました。

天成園を選んだ理由は、夕食がバイキングだったから。

 

スポンサーリンク

朝食・夕食ともにバイキングだけの理由で選んだらアタリだった!

朝食がバイキング形式のホテル・旅館は、たくさんあります。でも、夕食もバイキングとなると、これが意外と、なかなか見つからない。その中で唯一ヒットしたのが天成園。結果、大満足でした!

 

焼きたて・揚げたて・握りたてを食べられる!

画像:http://www.tenseien.co.jp/meal

夕食のバイキングで良かったのは、天成園自慢のライブキッチン。お寿司、天ぷら、焼肉などを、料理人が目の前で作ってくれます!

だから、おいしくて出来たての料理を食べられる!

前回宿泊したホテルが、山盛りにして作りおきしてあっただけで、残念な思いをしたので、作りたてを食べられるのはうれしかったです。

 

子どもがいるならバイキングの方が良い

ホテルの夕食の料理。正直、何これ?あまり美味しくない、っていうパターンが結構あります。

何でも好き嫌いせず食べる子どもならいいですけど、なかなかそうはいきません。バイキングなら、好きなものを食べさせることができるから、食事の心配をする必要なし!

 

入り口で靴を脱ぐから館内はフローリング!明るくて清潔感あり!

部屋の前の通路

「夕食がバイキング」で選んだ天成園ですが、ホテル館内、部屋も非常にきれいでした!

ホテルに入ると、まず靴を脱ぎ、下駄箱にいれます。だから、ホテルの床は家のフローリングのようになっています。

 

部屋は和室と洋室をつなげたコネクトルーム

宿泊したのは、和室と洋室が繋がっている(扉で仕切られている)コネクトタイプの部屋でした。

2室が利用できるコネクトタイプ

スタンダードのお部屋の一部(和室Aタイプと洋室Aタイプ)は、核家族化に対応して、 隣り合った2つの客室間が内部で行き来きできるコネクトタイプを採用。 「団らんは一緒で、就寝のときは別々がいい」というご家族やグループに最適です。

 

トイレが2つあるのがいい!

2つの部屋をつなげたタイプの部屋なので、それぞれの部屋にトイレがあります。そう。つまりトイレが2つ!

自分は、これが1番うれしかった!

 

何も気にしないでゆっくりできる!

 

Googleインドアビューで、他の部屋の様子も確認できます。

 

さいごに

「夕食がバイキング」というだけで決めたホテルでしたが、非常に満足できました!

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す