驚異の復元力!「EaseUS Data Recovery Wizard」を使ってみた

データ復元ソフト「Data Recovery Wizard」のレビュー依頼の連絡を頂いたので、さっそく使用してみました!

PCのHDDやSSDはもちろん、USBメモリ・SDカード・デジカメ・携帯電話・音楽プレーヤーなど、多くの記憶装置の復元が可能です。

復元可能ファイルも、写真・動画・音楽・ドキュメント・Eメール・フォルダやアーカイブなど、全てのファイル形式に対応しています。

何このファイル!こんなの削除したっけ?

 

そのぐらいに、データ復元能力は高いです!

 

スポンサーリンク

MacBook ProのSSDで画像の復元をしてみる

Data Recovery Wizardを起動。

画像を選択。続けるをクリックします。

 

復元したいファイルの記録装置を選択。

スキャンをクリック。

 

 

復元可能ファイルが5個見つかりました。

復元したいファイルが見つからない場合は、ディープスキャンをクリックします。

 

42,377個!メチャクチャ見つかりました。

これがディープスキャンの実力か…

 

復元能力が高すぎて余計なファイルがたくさん見つかる

復元能力が高すぎるがゆえの欠点ともいうべきか、あきらかにいらないファイルまでスキャンされてしまいます。復元ソフトなので、復元可能なファイルが1つでも多くスキャンできた方が良いのは分かります。

例えば上の画像。ダウンロードした覚えなど全くありません。調べてみると、Adobeのサイトで使用されている画像でした。

 

実際に復元すると

復元したいファイルにチェックを入れ、リカバリーをクリック。

 

ファイル名とフォルダ階層はそのままに、ファイルを復元できました!

 

さいごに

実際に使用してみて思ったのは、非常に復元能力が高いということ。本当に驚かされました!

まずは、2GBまでなら無料で復元可能なData Recovery Wizard Free版を使用して、どんなファイルが復元可能なのか確認してみることをオススメします。

Windows版とMac版、どちらにも対応しています。

スポンサーリンク

プロフィール

iMacと猫が好きな完全インドア派。

コメントを残す