WordPress

エックスサーバーの 無料独自SSLをWordPressブログに設定する方法

XSERVER(エックスサーバー)が、無料で独自のSSL提供しているということで、このブログをSSL化してみました!

Google様も、HTTPS をランキング シグナルに使用しますと発表しているので、これからのサイトは、SSL化は必須です!

サーバーパネルでサイトをSSL化する方法

XSERVERのサーバーパネルにログインして、SSLを設定したいドメインを選び、設定するをクリックします。

 

SSL設定をクリック。

 

独自SSL設定の追加をクリック。

 

独自SSL設定を追加する(確定)をクリック。

WordPress アドレス(URL)を変更する

WordPressの管理画面から設定一般

一般設定画面を開き、2カ所のURL入力欄を、httpsのアドレスに変更します。

Search RegexでURLを一括変換する

WordPressプラグイン「Search Regex」を使い、記事内や固定ページのURLを、一括変換します。

インストールして有効化。

ツールSearch Regex

 

Source Post content
Search pattern http://example.com
Replace pattern https://example.com

アドレスを入力、Replaceをクリック。

 

置きかわるアドレスを確認。

 

URLを確認したら、Replace & Saveをクリック。

テーマに追加したコードの確認

例えば、header.phpなどに追加した、OGPの設定など。httpからhttpsに変更しましょう。

ウィジェットを確認

ウィジェットを使用している方は、テーマに追加したコードを確認するのと同じように、httpのアドレスがないかチェック。

SSL化の設定が正常に出来ているか確認する

Google Chromeで、https:のURLを開いた場合で説明します。

httpsのURLの横に、緑色の鍵のアイコンが表示され、httpsの文字が、緑色になっていれば、SSL化の設定は出来ています。

緑色の鍵のアイコンになっていない場合は、設定を見直しましょう。

httpsに変更されていないURLを確認する方法

  1. URLの横に表示されている、のアイコンをクリック。
  2. 詳細をクリック。

 

Securityのタブをクリック。

View requests in Network Panelをクリック。

 

すると、変更されていない、httpのURLが表示されるので、該当箇所を修正します。

.htaccessを編集してhttpsへリダイレクトする

リダイレクトの設定をしないと、httpと、httpsの2つのサイトが、別々のサイトとして認識されてしまいます。

なので、httpのURLにアクセスがあった時、httpsに転送されるように設定する必要があります。

エックスサーバーの、サーバーパネルにログインして、変更するドメインを選択。

.htaccess編集をクリック。

 

.htaccess編集をクリック。以下のコードを追加。

.htaccess

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

httpのURLにアクセスして、httpsのURLに自動で移動するか確認しましょう。

Google Analyticsの設定を変更する

Google Analyticsにログイン。

管理プロパティ設定

デフォルトのURLを、https://に変更。

以上です!

ABOUT ME
ねこのてそう
ねこのてそう
超記憶力の悪い、30代の引きこもり父さん。 死ぬまで楽しく生きるがモットー。 尊敬する人は、絵を描ける人とピアノを弾ける人。嫌いなものはタバコ。 最近は、元2ちゃんねる管理人、ひろゆきが好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。