テーマを「SANGO」に変更しました。

人生は死ぬまで楽しく暮らして思い出を作ることだと思っている

なぜなら、人はいつ死んでもおかしくないから。

 

あの車が突っ込んてきたら死ぬんだろうなぁ……

 

なんて道を歩いてるときに考えたりします。

もし、事故や災害にあうことがないとしても、考えは同じ。

人間なんて死ぬときは、簡単に死んでしまいます。それだったら楽しい方がよくないですか?

楽しいと感じるかは自分の考え方と捉え方しだい

そんなこと言っても、「楽しいことなんてない。」「つまらない。」なんていう人がほとんだと思います。

でも、全ての人が楽しいと思えることなんてありません。

Aさんは楽しいと思っても、Bさんからしてみれば、全くおもしろくない。というのも当たり前。

オモテから見ている人にとってのウラは、ウラから見ている人からすればオモテ。

子どもが何かワーワーとしゃべった場合でも、「ワガママな子だ」と「自己主張ができる子だ」と、あなたが、どう捉えるかで違ってきます。

楽しいと思える気持ちがあるかどうか

結局、自分が楽しいと思うなら楽しいし、つまらないと思うなら、つまらない。

要は、自分に楽しいと思える心が「ある」か「ない」かだけ。

興味のあること・気になることはやってみる

自分が、人生を楽しむために心がけていることがあります。

それは、好奇心を持ち続け、とりあえずやってみることです。

「やってみたら、全然おもしろくなかった。」

でも、それはそれで全然かまいません。だって、おもしろくないということが分かったのだから。

たまに、自分の常識と考えだけで、何も試してもいないのに物事を判断する人がいるけど、もったいないなぁと思います。

どう転がるかは、やってみなければ分からないのに……

どうせ後悔するならやった方がいい

生きていると、何かを選択しないといけないときが必ず訪れます。進学、就職、結婚、家の購入などたくさんあります。

以前から、やらない後悔より、やった後悔の方がいいと思っていました。

ただ、最近になって思うのは、どの選択肢をとっても、後悔するときは後悔するなと。

まあ、やはり答えは変わらず同じで、とりあえずやれ!ということです。

もう1回いいます。いつ死ぬのか分からないのだから。

まずは自分が楽しむ

よく、他の人がつらい状況なのに自分だけが楽しむなんてできない。

と考える人がいますが、まずは自分が楽しんでいいんじゃない?自分が楽しくない状態で、他人を助ける余裕なんてあるんですか?

自分が楽しく暮らして、みんなも楽しく暮らす。そうすれば、まわりまわって、さらに自分も幸せになりやすくなるっていう、単純な話だと思うんですけど。

消費者から生産者に変わるとお金がなくても幸せ

人生を楽しむポイント。それは、消費者から生産者になることです。

生産者といっても大それたことではなく、文章を書く、絵を描く、写真を撮る、音楽を作るなど、何でもいいです。

消費者のままだと、常にお金を使い続けなければ幸せを得られません。

それに対し、文章や絵を描くことに幸せを感じられるようになれば、あまりお金が必要ありません。

もちろん、最初に機材を揃えるのにお金がかかりますが、ずっと消費し続けるよりはマシでしょう。

お金より時間が大切

生産する側になると、お金より時間が大切なことに気づきます。だって時間がないと、文章を書いたり絵を描いたりできないですから。

自分の場合は、ブログ・サイトの運営で、消費と生産を楽しむスタイルでやっています。

消費と生産をバランスよく楽しむ流れ
  1. 気になる商品を購入
  2. ブログ・サイトで紹介して売れる
  3. 収益が入る
  4. 気になる商品を購入
  5. くり返し

 

人生を楽しむための手助けになる、ベーシックインカムの導入はよしてっ!

ベーシックインカムって何?
全国民が、毎月一定額(日本の場合は、5万円〜7万円)のお金をもらえる制度

コメントを残す